kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2017.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.01

KGUラグビーは何処へ

本日、暑気払いに誘い出しました。
というより彼らが話をしたいということもありました。
内容はパワーハラスメントのニュアンス。
集まったのはキャプテン以下6名の3.4年生。
そこでの話はあまりにも一方的な話で具体的な内容に乏しいですが、3.4年生とラグビーをやりたくないとのこと。
それは彼らに責任があるのかもしれない。
ということでこちらも真面目にヒアリング。
ほとんど脈略のない説明しか受けていないようで彼らの戸惑いは大きい。
学生スポーツのあり方など考えるとちょっと理解しがたい。
個人的にはチームは強い事にこしたことはないけど、学年で波があるのは仕方がないことだと思う。
要は最大限の努力をしているかどうかが大きな判断基準。
その辺は本人達の話だけじゃあ不十分でなんとも言えません。

アドバイスは現状を打破する行動、つまり練習をやる気があれば出来るのではという話。
チャンスが無い訳じゃないかもしれない。
どこで無気力だと判断されたのかは判らないが学年ごとの問題となると生活態度とか指導力とか色々あるんだろう。
こればかりは直接見ている訳じゃないので軽々しくは判断出来ない。
しかし、指導者はそれを理解させてあげないと彼らの挫折は学生時代をスポイルする形で残ってしまうかも知れない。
人生を左右する問題はたくさんあるがそれを乗り越えられるかだ。
ちからいっぱい努力したと言うなら結果を受入れられると思う。
少しでも彼らの力になれればと思う。

ジャパンラグビー快挙!!

ついにウェールズに勝利しました。
小気味よいテンポでウェールズを攻め立て矢継ぎ早にトライ。
ジャパンってこんなに強いのって唖然。
FBの五郎丸クンのキックがこれまた秀逸!
まさに魂のこもったラグビー。
こんな試合はそうそう出来ないでしょうね。
しかし、勝つ事で最後まで戦う事の大切さが判りますねえ。
この結果は前試合の最後の逆転を許した悔しさでしょうね。
何れにしても欧州チャンピオンを破ったことはW杯に弾みがつくなあ。
2年連続6ネーションズチャンピオンですからねえ。
ジャパンってこんなに凄かったっけ。

全国高校選抜ラグビー大会



熊谷ラグビー場で開催されている選抜大会に行きました。
月曜日なのに人出がありました。
メイン、B、Cグランドで行なわれていますので関係者だけでもかなりの数でしょう。

熊谷に来るのは3年ぶり。
試合はBグランドでしたがJr戦の対明治大学戦以来ですから10年以上前の話ですね。



試合は九州学院 対 東海大暁星。

スコアは5対87。
大差がついてしまいました。
東海大暁星は近畿1位チームですから強豪中の強豪。
九州学院は第一試合で深谷高校を破って勢いに乗っているはず。
それがコテンパン。
スピード、スキル、フォロー、体格、走力どれを取っても違い過ぎ。
特にディフェンスは暁星のスピードを止める事が出来ませんでした。

こういう試合を応援した後って疲れる。
往復200キロ弱運転はしんどかったですねえ。
My奥様は監督に挨拶してました。
ご父兄からは応援ありがとうということで応援旗を2本頂きました。
ご父兄、ラグビー部OB、卒業生OB合わせて50人程度の応援でしたがかなり気合いだけは入っていました。
ただ、選手の気合いが足りない。
リザーブは声も出さない。
選手も葬式のようでした。
帰り際、東海大暁星選手達の前を通り過ぎる時に「こんちわ!」って挨拶!
おお、感動。
やっぱり、強いチームは選手のモチベーションだけじゃなく立派な人格を持っていますね。
敵味方関係なく試合を見て頂いた観客に差別なく挨拶する。
礼儀正しく教育されているチーム。
応援したくなります。
清々しい気分にさせて頂き感謝です。
今の若者はとか言いますがちゃんと礼儀とその意味を知っている若者がいることに感動です。

選手を囲んで

ある意味でもうシーズンインしています。
12月まで10ヶ月どんな結果を残すか今シーズンは正念場。



ちょっと前までジャージ風ファッションだったけど、オシャレになったなあって印象。
3-4年生ですから皆さん、目標は判っていましたね。
いろいろ愚痴もあったけど、それはそれですかね。
20歳前後の微妙な心の揺れも純粋で新鮮でした。
ま、これがあるから話すんですね。
触れ合うことでサポーターの意識とか判ってくれれば幸い。
「春、成績良かったらまた呼ぶよ」ってことで、皆さん「よろしくおねがいします。」て張り切っていました。
こんどはベイシェラトンだな。

オープン戦ですが対抗戦下位グループとのリーグ戦がほぼ釜利谷で決まって居るようです。
キャプテンは岡山君。
バイスは井沢君。
主務は西村君。
のようです。

今季スタート!

どうやら練習が始まっているようです。
選手に聞くと練習時間等が突然メール配信されるようで外に出られないとの事。
立川君も辞めちゃってマネージメントが心配。
春口監督だけが大張り切りのようですがスタッフ不足が問題。

一年生も高校ジャパンが居るようだし1部復帰は間違いないかな。
大東文化大学とのオープン戦が早々と出ています。
三ツ沢なんで時間が取れれば観戦予定。
リーグ戦は八王子まで観に行ってブザマだったなあ。
前半リード、後半ボロボロってパターンが象徴的ね。
後半ってチーム力だなあって思いましたね。
駆け上っていた時期にもチームが出来上がっていないってシーズンありましたが去年は酷かった。
今年はほとんど釜利谷でしょうから観戦も増えるかなあ。
熊本勢も頑張って欲しいねえ。
九学の本田しかスタメン張れないのもねえ。
ルーキーも来る様なので飯でも奢るかねえ。

ラグビー日本選手権準決勝

サントリー対パナソニックをテレビで楽チン観戦。
サントリーに有賀、パナソニックに霜村、設楽のOBが出場。
両チーム、タイトでスピーディーな良いチームでした。
サントリーの26対13。
パナソニックの敗因はキック攻撃とゴール前のミス。
サントリーの早いディフェンスでアタックが乱れたんですかね。
反則が多かったんですよね。
本割じゃあもっと良かった気がします。

神戸製鋼31対29東芝で決勝はサントリー対東芝。

ラグビー大学選手権

筑波大学が素晴らしかったです。
全員ラグビーの見本。
全員ラグビーが出来るというのは15人の個人技の結集です。
つまり、一人として飛び抜けないけど渋い。
東海大学も同様ですが今ひとつ後手に回る場面が多かった。
ナイスゲーム!

早稲田と帝京は帝京が強すぎた。
フォワードが学生のレベルじゃない。
力勝負に出ちゃって力負けの早稲田。
これには伏線があった。
試合開始10分程度でワントライ、ワンゴール、ワンペナルティー。
これでいける思いが流れを決めた。
それ以降はズルズルと力の差です。

決勝は筑波、帝京でリーグ戦グループがいないのは淋しいねえ。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly