kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2007.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.04

Di Blasi R7のメーター



290.7Kmでしょうね。
R7Eのマニュアル見てると500キロまで混合4%って書いてあります。
アクセルは70%なんですが25年も経ってる慣し運転ってあるのかなあ。
このメーターってフランスって書いてあるんでチャリ用かなあ。
静止で5キロ位ですけど動くのかなあ。
メーターの針って直せるんでしょうか。

どこから手を付けるというレベルの話ですが
とりあえず火が飛ぶか。(以前通り)
このプラグ自動車用なのかレンチが合わない。
未だに取り外しが出来ません(^▽^;)
そういえばドンキホーテに変てこりんなレンチがありました。
小さなピンがいっぱいあってそれがボルトの形状で動いてロックする感じだったな。
あれどうでしょうかね。
といってもプラグレンチって筒状に抜けてないとだめだからなあ。
車用なのかなあ。
今どきの車載工具にプラグレンチはないのよね。
その後の予定などを考えましたが
吸気系の掃除
キャブレター調整(ガスパイプの修理後回し)
エンジン起動(タンクのサビは後回し)
ここまで転けなきゃやる気出るな。
タンクってフレームの役割もしている鋳造だと思います。
掃除するにはハンドルとかばらさないとダメそうですね。
あとは勢いでバラしてフレーム塗装かな。
そういえば欠品のプーリーカバーをどうしようかなあ。
なんとか作らないといけません。
といっても変な形だからメッシュかなあ。
適当に丸めてフレームに止めておくのね。
中心にプレートなんかハンダ付けしてシックなステッカーとか。

モトコンポはパークしているんで安心ですから保管機種。
着々とパーツは手配しているんですがキャブの新品パッキン棄てちゃったみたい。

Di Blasi R7のエアフィルター



この2つ穴のプラがエアフィルターケースです。
奇妙な形ですがちょっと洗練されているというべきかレトロな雰囲気。
すぐキャブレター、エンジンと後方から最短で横並びですね。
かなり省スペースというべきかな。
ケースは金属バンドで締め止めされていますがスコスコ抜けました。
抜くとエアフィルターがあります。


網目状で金属ですね。
まあ、大したフィルター効果は望めないと思いますけどね。
それでも丈夫そうでいいなあ。
これを外すとキャブレターのエアインテークです。


巨大な口径ですがジェットニードルが中央に見えますね。
右にある銀色の穴の空いたプレートがチョークプレートですかね。
右上のレバーで開閉します。
マイナスネジはそれを止めているもんですかね。
いずれにしても汚い。
カーボンというか黒い空気中の排ガスみたいなのがべっとり付いています。
これは清掃しないとダメですね。

Di Blasi R7入手

足立まで引き取りに行きました。
結構遠い(片道1時間)。
首都高速で往復1400円だからまあガソリン代あるし3000円程度かな。
総費用36500円ということで。


折畳むとこんな大きさです。
セリカの後部座席を畳んで毛布を敷いて寝かせました。
包んで特に紐掛けもせず帰宅。
フォールディングしても高さが結構あります。
組み上げるとモンキーより大きい感じです。
当然走行不能(^▽^;)
折畳むのに付け替えたと見られる燃料コックがエアフィルタに当る。
取り外したんですが調べたらキャブのホース受けが折れてました。
どうするのかなあ。
今の所燃料がキャブにいきませんね。
燃料コックですがフィルターがついていました。(これが当る)
フィルターの泥ダメにサビがいっぱい。
そこでタンク確認。
タンクはダイキャストみたいでそんなサビ酷くないですけどね。
これタンク錆び落とし出来るのかなあ。
そんな訳でとにかく雑巾で水拭きしました。
あとは折畳みがスムーズにいくようにCRCを振りかけたり。
錆び付いているからなかなか難しい。
シートを前に出して上に引き上げ後に引くように組立てます。
スプリングも何も無いのでサビだらけの状態だとかなり困難だなあ。

原付には車検証みたいなのがないので確かではないんですが、
初登録は板橋区で1981年のようです。
ということは25年目。
その後1989年に田無市で足立区って感じでしょうか。
4回所有が移って2007年に品川だな。
足立区に来た時はどうやら動いていたようです。
ただ登録はしなかったようです。
どうも怪しいなあ。
動いていたとは思えませんけどね。
左側のプーリーカバーがないのでかなり格好悪い。
とりあえず、フォールディングシステムがスムーズになりました。笑

次はキャブレターに燃料供給を考えてエンジンテストかなあ。
その前にプラグに火が飛ぶかなあ。
これだな。

Di Blasi



ついに。
まあ、不動車ですけど希望落札価格16万!
33500円の落札価格は夢のようだ。
折畳んで30キロ弱。
これポケバイに毛が生えた重さ。
ウインカーが無いのに登録出来るのかなあ。
新車だと26万だからその辺追加してもいい買物だと思いましたね。
一応手元に来ないと何とも言えませんが飾りでもいい。

モトコンポのカウリング外し



カウリングを外して中を見たくなりました。
動かないし他にやることありませんから。
取りあえず中央の黒いフェンダーを外します。
これは単にツメを外すだけ。
左右2枚は同じものですね。
ただ、左は盗難防止用だろうなあ、ワイアがあるのでそのパーツが違うだけ。
そのワイヤを押すとフレームパイプに収納なんですが、
なんと後から藁が出て来ました。(photo)

上部、左右のボディーシェルはナットでフレームに付いてました。
ゴムパッキンはぼろぼろで二度と使えない。
後はプラスのセルフタップみたいなネジ
4ピースとサイドフェンダー2枚で6枚でした。


ネットでよく見るヌードだなあ。
数回キックしたら下に混合ガソリンがボトボトとシミに。
これでよく見える。
磨きのプロ=古物商のお手入れはここまで。
カウルを外すと程度の悪い代物が出現しました。
素人目にもサビがひどいしガソリンボタボタ漏れてるしね。
ヘッドライトステーは特に酷いんですが全体が酷いからね。
お手入れの手順も私には考えられないレベル。
どうなるんだろうねえ。
バラしてオークションに出すかなあ。


ロードマスターに持ち込めば喜んで直してもらえるレベルだなあ。
自分で動かせたらミラクルワーク。
パーツリストがいるなあ。
いくら磨くのが好きでもボルト類は変えた方がよさそう。
そういえば錆び落とし液を棄ててないから漬けてみるかな。
今日、100円ショップでタッパ買って来よう。

ラグビー君吐血?

朝、ゲーゲー言ってましてケージの中のトイレシートに赤いどろっとした嘔ド物がついてました。
多分血液だと思うんですが今日一日はミルク。
最後はミルクにシリアルをしっかり煮込んだ離乳食っぽいものを与えました。
その後、吐いた様子はなく至って元気です。

素人診断は危険ですが、
トイレシートをぐしゃぐしゃに噛んでしまう習慣がありその際ちょっと飲み込んだのではと思います。
シートは水分でゼリー状になる物質が入っていますがそれが胃に入り胃の水分を含みゲル状になり胃壁を傷つけたんじゃあないでしょうか。
他にもなんでも拾って口にいれますので他のものかも知れません。
次に同じようなことがあれば病院ですね。

しかし何か不気味な色でした。

ラグビー君の両親



母親のイタリアングレーハウンド1.5歳。
さすがに流線型の体型でいわゆる華奢でしなやかそうです。


父親はミニチュアピンシャー1歳。
去勢手術後でマスク付きでした。
やっぱり似ているんですけどチョコレートだからな。


この両親から生まれたラグビー君。
9週目かな。
散歩も慣れちゃってちゃんととことこと着いて来ます。
鉄格子を歩くのが苦手。
引き手が走るとちゃんと走ります。笑
もう普通のシリアルで大丈夫みたいです。
というよりネコのモモちゃんの餌を盗み食いしちゃってるしね。
ネコの餌は好きだなあ。
両方あれば絶対ネコのご飯に行く。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly