kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2007.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.09

ラグビー君の様子

昨日未明に吐血したラグビー君。
今日は朝から元気な様子でした。
フードはフヤカシでカンショク。
外出での排便はグリーンと茶色のツートン。
茶色は血液のようでしたがそれほど多くは有りませんでした。
昼はおやつ少々。
夜は散歩で排便。
ちょっと軟便ですがグリーン一色でした。
どうやら下血もなし。
フヤカシフードは半分くらい残しています。
多かったかな。
吐血以来嘔ど物はありません。
注射が効いたようですね。
しかし、原因は不明。
ちょっと神経質に拾い食いを見張っています。(^▽^;)
薬は貰った分は飲み終える予定です。
注射は全然いやがりも痛がりもしませんでした。
薬は錠剤を1/4にカットしたもの。
これを食べさせています。
元気さは以前の通りですから峠は越えたのかもしれません。

スロットルニードル



たぶんそういう名称でしょう。
スロットルワイアの伸縮でこのニードルが上下して混合油の量を調整して混合気を作るという仕組みですね。
写真の状態は長尺から一つ短くなっています。(2段目)
これを一段下げて最長尺にすれば混合油の量が減るということでしょう。(1段目)
逆に上げれば混合油の量が増すという原理かな。


こんな感じでシリンダーの中に入れて気密を保つのかな。
向かって左はティクラのシャッターです。
こちらは混合気のエア調整ですね。
変更の方法はありません。
まあ、口径を広げるとかでしょうが全体の問題ですからどうですかね。
メインジェットがニードルの受けになりますがジェットとニードルはセットされたものでジェットの口径が広がればニードルは太くするのが通常でしょう。
単純な霧吹き器なんですけど上手く考えられていると思います。


組み上がりました。
ちょっとエンジンの吹き上がりを確かめて500Mくらい乗りました。
40キロ以上ですから2段目と変わりませんね。
あとはアイドリング調整してOKでした。

ラグビー君吐血

昨日、10時半ごろ帰宅すると唾液っぽいものが数カ所ありました。
おしっこかなと思って10分くらい外へ連れ出しておしっこ。
夜中の3時過ぎ頃にガーガーと吐きましてみると点々と血の固まりっぽいものが入ってるじゃないですか。
30分後くらいにもう一度吐きましたが今度は泡っぽく透明。
いやあ眠れない位心配でした。

朝、フード、水、おやつ、パンなど差出しても匂うだけで口にはしません。
どうやら重症。
シリアルに牛乳を掛けて水分補給を試みました。
30ccくらいのんでフードを数粒。
これで病院に行って診察してもらいました。
嘔ド物持参で事前に吐血を確認して貰いました。
体重4.3キロ、体温39度。
お腹を触診して大きな異物がないとこを確認していました。
聴診器をあててました。

診断は嘔ドの繰り返しで粘膜が荒れた可能性が高いということでした。
吐き止め、抗生剤の2本を注射し、同様に薬3日分を貰いました。
再診料525円、注射3675円、薬945円で合計5140円。

帰宅後、牛乳漬けシリアルの残りを食べ終えました。
それから5分程外に出しました。
おしっこ2回、便は血便ですね。
それほどの量ではありませんが潰瘍かなあ。
大人しくして様子見ですね。

バリューム飲んで経過をレントゲン撮影することになるんでしょうか。
かなり心配です。

タイヤ



Pirelliです。
イタリア生産品ですから当然でしょう。


サイズです。
リムサイズは8インチでモンキーと同じだなあ。
幅が細い。
2.5インチですから63mmくらいですね。
実測でも約65ミリでした。
タイヤ外周直径は33センチくらいです。
「Aelomotore」って名称ですかね。


「CM47」が型番かな。



当然イタリア製です。

このサイズは今どこにもないと思います。
積載重量って100キロないかな。

このタイヤのぴったりサイズはモトコンポ用が正解です。
手持ちはダンロップ、ブリジストンのユースド。
ズークのスニーカータイヤでも大丈夫ですね。笑

プラグの自浄作用



どうしても乗りたくて3キロほど近所を走りました。
途中「海岸通り」片側3車線を思い切りです。
メーター読みで45キロまでですね。
ブレーキングからフルスロットルした時ですが吹き上がりで多分失火しているような回転ムラが出て加速が止まりました。
一旦スロットルを戻して1-2秒間を開けて徐々にスロットルを上げ加速しました。
それ以降はスロットルに順調反応でしたね。
ブレーキングで回転を下げると不完全燃焼を招くようです。
急ブレーキ、急激にアクセルを上げるとプラグが煤けるんでしょうね。
それを自浄するには適正な混合気に戻すことなのかもしれません。
混合気はブレーキングで回転を下げる時にアイドリング値が高いと燃料が残るのかもしれません。
ちょっとアイドリング値が高い状態です。
このまま繰り返すと自浄出来なくなりカーボン堆積が起こるんでしょうね。

チャリメーター



オークションで630円のサイクルコンピュータなるもの。
モトグラヅィーラに着けました。
ご覧の通り左ハンドルです。
3点セットでメーター部がこれです。
メーター取付け部はセンサーと有線です。
3点目はマグネット。


Bがセンサー、Aはマグネットです。
タイヤは2 1/2*8ですから円周は102センチ。
このサイコンを選んだのは70センチ位から設定可能だったからでもあります。
もちろん値段ですよ。

試走結果といっても100Mくらいです。
ちゃんと表示します。
自転車なら問題なく使えます。
問題は走り始めの数値がえらくでたらめです。
計測の間隔がえらく長いです。
デジタル表示って早すぎると全部8になっちゃいますんで適度に間隔あけないとね。
それにしても長過ぎる。
表示が8キロ、24キロ、40キロみたいなレベルです。
オンオフはブランケットとメーターをズラすってことみたいです。
オンにして15秒くらいはでたらめだよみたいになっています。
説明書だとアクセルというかタイヤ中心近くにセンサー、マグネットみたいです。
コードが短くて細いなあ。イヤホン的。
これで燃費判るかなあ。

MotoGraziellaのプラグ

これ切りがないなあ。笑
フュエールジェットの番手を細くするかスロットルニードルを開くかで混合油を少し薄くしたほうがいいのかもしれません。
今日も10キロ程度走りました。
環七のオーバーパスを無謀にもいつも使います。
並の原チャくらいのスピードが出ますが何しろウインカーがないので手信号でしょ。
しかもバックミラーはチャリ用で震えちゃってあてにはなりません。
目視ですから車のドライバを睨みつけ入るぞw(゜o゜)wオオー!と合図です。
帰りの登坂車線でエンジンがモタツキだしちゃいました。
もしかして2.5%に混合比を下げたんで焼き付きかよみたいな気分でした。
それでも止まったりしないんでそのまま走行して帰宅。
プラグを検査したら煤で真黒。
よく判りませんが煤とカーボンって同じですかねえ。
拭いた位じゃあ取れないのがカーボンでティッシュで拭けば綺麗になるのが煤って定義しています。
どのみち炭化物ですけど、燃料の燃えカスと不燃物って同じですかね。
なんで昨日はこんがりトーストで今日は真黒トーストなのかが不思議だなあ。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly