kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2007.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.02

アトムの耳はローズ

ハウンド系は大きい垂れ耳です。
ウィペットは元来ローズ耳でした。
Rose ear standardですね。
最近はコウモリ耳のウィペット、イタグレもいますねえ。
栄養が良いのかなあ。
ブルドッグはローズでしたがアメリカは立ち耳のようです。
ローズにする絆創膏まであるようです。
個人的には断尾、断耳は不自然ですが、まあ人間も整形するしね。
好みとしては自然がいいんですけど動物虐待かもしれないです。
でもクジラのベーコン好きだから捕鯨賛成だしね。



アトム君の耳です。
ローズ耳は鼓膜への耳穴を塞ぎません。
サイトハウンドは耳も塞がっていないので結構敏感です。
高架下で電車が通るとその音でビビる。
ぴーぷるを自転車状態で走ると横に付きますがエンジンを掛けると後に下がる。
そんな気がします。
視界の外は音で判断するに違いありません。
ローズ耳は半立ちの形状ですがコレだと後の音も拾います。



ご覧の様に後に耳穴が向いていますよね。
横位置は複雑な外耳の形状で反射音を拾うのかなあ。
視界外の環境状況は音で判断していると推測するのが自然でしょう。

嗅覚ですがどうでしょうねえ。
人間より達者でしょうがワンコとしては弱いと思います。
あくまでも想像の域です。
アトムがしゃべってくれれば知る事が出来るんですけど。

アトム君の瞬膜

アトム君は来た時に検便して犬回虫がいましたので虫下しを飲んでました。
その結果を調べに病院へ。
朝出たての便を持って1キロちょっとのぴーぷる引き。
病院での検査、診断。
1 便に細菌、寄生虫の類いは陰性。
2 狂犬病予防接種は3月2日以降。
3 フィラリア、ノミダニの予防は春から。
4 耳の瘡蓋は様子見。
5 心音の正常、体温39度、体重16.37キロ(ちょっと増えちゃった)
6 瞬膜の状態は異常なし



この赤く充血した状態の膜が瞬膜です。
基本的に病気などにより眼球を覆う、ドライアイから眼球を守るなどの役割があります。
健康体にも関わらずこのように出る症状はチェリーアイというようです。
瞳に掛る部分が少ないので視力や視界には影響ないようです。
ただ見た目が悪いこと夥しく、露出量が微妙なのよね。
これが飼い主に取ってやっかいですよね。
目が赤くないですかなどと言われると説明出来ますが、病気の犬だから近寄るなとなると問題。
まあ、そう言う輩には近寄ってくれない方がいいとも言えますが。

これでほぼ検査の類いは終わりですね。一安心。
ウィペットは100年くらいの新犬種ですから血統的健康問題はないワンコです。


当時の写真かなあ。野犬みたいだけど筋肉が凄いなあ。

さて、これであとは期間の感染予防だけですね。

伊藤学園プール「マスターズ向け教室」

宣伝です。
品川区後援の「アクアマスターズ」です。
マスターズ大会向けですね。
泳ぐ事が好きで競うことが好きな方大歓迎です。
対象は品川区民ですが在住在勤ですからまあ何方でも。
かなり実験的な練習も含まれますのでノーマルな泳法研究などには向きません。
求める主体は「早く」です。
興味のある方ご参加下さい。
練習は原則毎週水曜日夜7時30分から8時45分です。
伊藤学園5Fの室内プールで練習しています。

父の様子

顔色はピンクで万全の体調です。
胃ろうですが一日3回、PGソフトとPGウォーター。
保険適用外ですから全額自己負担、つまり父の年金で購入しています。
このブログを通してお父さんが入院したので不用になったPGを安く引き取って欲しいという方がいらっしゃいました。
弟に相談して引き取りました。
これが300ccだった。(父は400cc)
つまり経口で100cc分の栄養を取らないといけなくなったと言う事です。
取れなければ翌日4パックになっちゃう。
たった100ccというのが難しいんだなあ。
食べないと人間は味、舌触りすべて忘れちゃいます。
何食べても不味くて不愉快な感触になるんですね。
準備としてドロップスを舐めさせ味を鍛えています。
入院後排便、排尿の感覚が無かったんですが今はかなり回復しています。
夜中は自分で起きてトイレに行っています。
一番注意しているのは排便量と回数かな。
通常は一日1回で2-3本出るのが一番いいと思います。
風邪予防は室温と湿度が重要。
父に触れるときは手の消毒とうがいですね。

3月が誕生日で88歳になります。
その後、温かい日を選んで母の墓参りだな。
犬と公園の散歩も出来るんじゃあないかと思います。
胃ろう前の最後の外出がそうでした。
丁度その頃にろう管のチューブを交換します。
弟はボタン式にしたいようです。
私はどっちでもいいと思います。
温かくなるとろう管皮膚のケアも注意かな。

父は弟には甘えます。
「あっちへ行け」「うるさい」など言いたい放題。
私には従いますね。
時々「たのむよ」と言いますがダメな事は承知しているようです。

2008年前輪交換



購入以来初めての前輪タイヤ交換。
1995年購入なんで13年ぶりになるんですねえ。
サビでタイヤを外すのは大変だったようで。
ホイールも塗装してくれてました。
ハンドリングはバッチリ。当たり前かあ。
チェーン交換。
スプロケットが減っているんでもうすぐ交換。
後輪を外すと工賃がかかりますので必要な時ついでに。
エンジンは快調みたいですがどうもクラッチ調整が悪かった。
クラッチってワイヤー調整だけじゃだめなのね。
おかげで脈流しなくなり乗り心地は最高だしクラッチもキッチリ。
こんなに切れよかったんだなあ。
ワイヤーのオイルアップとかもしたんでレバーも楽々。
現状ではこれでいいでしょうということで。
10年は乗れるようです。
ただし、不調になったらエンジン降ろさないとダメみたい。
その時はその時ですね。

ラグビー君今日のお相手



お相手のワンコはオス(去勢済み)だそうです。
何故かず〜っと後追いしてたりライドポジション。
結構、怖い顔で写ってしまったなあ。
挑発のポーズ


9時丁度に着きました。
3頭の小型犬が先にきてましてそれぞれ飼い主さんはケージの外。
男性一人で飼い主さんに色々レクチャーしていました。
当然ラグビー君はお構いなし。



アトム君はちょろちょろ私の後を追ってましたがそのうちご覧の通り。
蚊帳の外というポジションね。
なんだか淋しいだろうになあ。
寒いしね。
どうも他に犬がいると引いてますね。



鳥取は30年ぶりです。
全く記憶にないからなあ。
まあ、大砂丘とかいってもちょっと下って登れば海になっちゃうしね。
浜松の中田島だっけ。
そこなんてほとんど砂丘ってあったっけだもんね。
天橋立は昔より綺麗だったなあ。



伊丹から2時間ちょっとですかねえ。
冬の日本海って暗い。
雪、雨、あられだもんね。
出石とか余部鉄橋とかくらいですかねえ。
あんまり見たいもの無いのよね。
鳥取って自動車専用道路がない淋しい県ってのも頷ける。



まったく歩きたくなかったんだけど皆さん行っちゃったんでのこのこ後を追いました。
車で10分くらい走っても砂丘だったらね。

まあ、カニ三昧の2日間だったなあ。
特に嫌いじゃあないけど、手間の掛る食い物だよね。
フィッシャーマンズの屋台くらいデカイかにだといい加減に食べても腹一杯なるけどね。
日本のカニってのは格好バッカリ。
でもワタリは好きだなあ。
カニの香りが凄いよなあ。
あと身がプリッとしているのにシフォンのような口当たりね。
生もいいけどやっぱり茹でたのがいいねえ。



辰鼓楼って時計台。
出石だけど日本一じゃないのこれ。
札幌の時計台なんて及びじゃない。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly