kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2010.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2011.01

大晦日のテレビ

たいして見たいものもないので何となくダイナマイト!
しかし、胸くそ悪い位に弱い日本人。
あれってミスマッチだらけで本気で見てたらキモイねえ。

紅白は見ませんでしたねえ。
チャンネル回すとなぜかどうでもいい場面。
あとは漫才ネタのチープな番組。
物知りタレントの番組見損なったかな。
などなど。
確かに地上波はその程度でしょうね。
さてムービーでも見るかねえ。

浜寿司

ホーマックでモップを買ったついでに晩飯。
単車でモップの運搬出来ないんで車。


私のテーブル、15分程度待たされました。
いつもは直ぐに座れる。
平日の9時前あたりに行くんですけどね。
頻度は月一くらいかなあ。
ゼンショーチェーンだからすき家と同じ系列。
とにかく安い。
出来は蔵寿司よりちょっとマシ程度。
虫垂炎なんで生ものは出来るだけパスで鴨そばなど頂きました。
カモがゴッテリ乗って250円は安い。
あとは適当に寿司を食べました。
最後は穴子ね。


ここは天ぷらが旨いね。
今日はエビ天を頂きました。
白身魚の天ぷらはかなりいけますが今日はなかったなあ。

ワンコの散歩

朝の散歩で立会川にカモだよね。

冬は結構見られる光景。
水が暖かいのよね。
東京駅の地下湧水が流れ込むんで水温が高い訳です。
もちろん土手の海はたくさんの渡り鳥とかもめ。
餌をあげている人が一杯いるからね。
カラスや鳩までたむろしている。

川面に動物がいるとほのぼのしているねえ。
カメが泳いでいたり、ラグビー君も首突っ込んで見ています。
動くものには反応する本能だな。
鴨南蛮作れるけど捕獲しちゃいけないんだろうね。
養殖の方が美味いのかなあ。
まあ、2000キロくらい移動しているんだろうけど姿見ていると可愛いのよね。
強靭な感じは全くしない。

手巻き煙草一式

この年末年始の為に一式買出ししました。笑




昨日買いに行きたかったんですが寒くてねえ。
今日は朝から虫垂炎が再発で唸ってましたが意を決して単車で寒風の中30分お買い物。

初めて手巻きたばこの葉っぱを買いました。
シケモクで十分だと思ったんですが思った以上に美味くて喫っちゃいます。
シケモクが品不足で両切りピースなんかを解したりしてミックス。
色々やりますと究極を極めたくなるもんで850円で葉っぱ購入。
キセルの小粋って葉っぱ350円だっけなあ。
パイプの葉っぱも美味いだろうなあ。
パイプだと刻まないとちょっと大きすぎるでしょうね。
tasteのcherryって葉っぱですがかなり年代ものだと思います。(^▽^;)
中に紙が50枚入り。
The Best Handrolling Tabacco you can getなどと書かれています。笑
ちょっと黄ばんでるのよね。
あのタバコ屋でシガリロ買ったら虫食いだったことあるからなあ。
まあ、それほど珍しい煙草を頑張って在庫しているお店ってことでしょうかねえ。
私が買わなきゃ誰が買うみたいな気持ちになったり。



向かって左が手巻き専用の葉っぱ、右がブラックストーンのシケモクに両切りピースのブレンド。
tasteは刻みたばこに近く葉っぱが絡み合っています。
シケモクは粉っぽくって密度が高く見えます。
色合いはシガレットとパイプの葉っぱの中間かな。
シガレットって黄色い葉っぱですよね。
ブラックストーンだけだともっと焦げ茶色しています。

さて喫ッタ感じですが特に古いのもあるのかチェリーの香りはしないなあ。
煙草ですね。笑
上記セットで1450円也。
150本巻けば一本10円程度です。
安くて美味い煙草になれば手間で遊べてお得感バッチリです。
但し150本巻くのは量的にちょっと無理かもしれません。
ちなみにデンマーク製でした。
ヨーロッパの方々って嗜好品にはキリがないと言うのかねえ。

ドライマウス

ここ一年程度ですがドライマウス状態です。
飲んでも飲んでも口の中がカラカラになる。
喉が渇くんじゃあありません。
現状では夜中に起きたりします。
逆によだれ流したりとコントロールが問題かもしれません。
特に病気という意識はないんですが気になりますねえ。

ちょっと高血圧で飲んでいる薬を調べたらテノーミンが怪しい。
一時服用を中止してみましょうかねえ。
薬というのは薬効と薬害が必ずあります。
そりゃそうだよね。
バランスが取れている部分に薬が入れば変化があるのは当然だなあ。
それを知りながらとにかく何でも無いふりして薬は飲んじゃいます。
お呪いで本当は効いているのかどうかも怪しくて害の方が大きかったりね。
恐いよな。

iPhone4のjuice pack air

バッテリーですね。
背負子型。
普通要りません(常時充電している身)が買ってみました。
というのは楽天ポイントで買えたからで金出してはどうもね。

スマートに見えますが見た目よりデカすぎる。
普段スケルトンで持ち歩くんでカバー代わりにもなりますがコネクタが塞がれてぶら下げられなくなる。
だったらどっか穴開けろよな。
枠は安っぽいプラ製なのに銀色ってのが中華だねえ。
mophieってとこもフォーカルポイントってとこもその世界じゃ有名でしょ。
フォーカルポイントって半世紀前(オーバーですが)KANTO CENTRALってサーバ開いてた方じゃなかったかなあ。
当時はお世話になりました。
Apple、Macのファイルがごっそりありましたねえ。
ニフティーサーブなんかよりずっと昔でしたが、なにしろ英語でやり取りしてたんでアメリカの方だと思っていました。
どうも立川当たりの米軍基地を連想しちゃってましたね。
電話代がかさむんで記事を読んだりはほとんどなしでしたが。
データ通信の世界だとデータ量ですが当時は電話代ですから時間なのよね。
繋いでいる時間で課金ですよ。
毎月1万以上でしたから携帯より高いんだなあ。
Pablic Domainってなんだったんだろね。
通信代が購入費用より遥かに高かったんじゃないの。

補助バッテリは使ってみないと判りませんが2倍は無理でしょうね。
これで一泊程度なら充電要らないでしょう。
リチュームイオンってのは500回充電程度が標準ですがそんな使った事無いです。
そうでもないか携帯2年は使うから500回近いかもねえ。
例えば半分程度の充電なら0.5回って計算のようです。
つまり、1000回充電出来るってことです。
あり得ないね。
車の燃費公称値より怪しいんじゃないの。
iPhone4は簡単に裏蓋外せてバッテリが見えますので交換の手間はそれほどじゃあないでしょう。
しかし、裏蓋を止めているネジがクセものです。
私のはヘキサ、トルクスネジなんで01のドライバが必要でした。
当然購入出来ますがやたらと高いんじゃないかねえ。
まあ、使ってみましょう。

iPhoneで8ミリフィルム

よくカメラアプリでは古ぼけた写真にしたり古ぼけて撮れるアプリがありますが動画は珍しい。
というより今どきの方々にはあまりにもバカバカしいアプリだよ。
8ミリ映写機って私時代です。
フジカシングルエイトなんてあったよね。
マガジンポンとか言ってたけど使った事無し。
初めてオヤジが購入したのは3本ターレットのCINEMAX-8 TRIAUTOだったかなあ。

Triautoって3本レンズ、オートってセレン露出だよね。
昭和35年3月発売(当時¥24,000)・?瓜生精機製だそうです。
露出は針を合わせる訳です。
オーバーラップも出来てゼンマイが切れると止まるのよ。
それなりにスーパーカメラだと思います。
当然売れなかっただろう、周りを見てもこんな大きなカメラなかったしね。
スキー行ったり海に行ったりの時はこれでした。
シングルじゃなくて16ミリフィルムのやつ。
つまりダブルトラックで終わると暗袋でゴソゴソと裏返すという代物。
埃なんてメじゃなかった。
つまり動画が撮れるだけで庶民は満足でした。

こんなレイアウトで70年代映像の再現=フジカシングルエイト。
白黒から色々とビビッドな各種加工が楽しめるのよね。
懐かしいけど何故か音が撮れちゃう。
これってやっぱり映写機の音がして欲しいよなあ。
映像が完璧なだけに残念。
左下の黄色い◯なボタンなんかジッタを起こせちゃう。
フレームのズレです。
右上の四角いフレームは変更レンズになってるけどターレットじゃないです。
単にピンホールとかプラレンズみたいな光のフレアの違い。
これでブルーフィルムなんて年じゃないけど中学生時代が懐かしい。
とにかく、映写機の音だけは付けて欲しい。
シングルエイトの時代にはたしかにトーキーでした。
ステレオなんて撮影機の両サイドにマイクが耳の様に伸びる機種あった。
キネコって編集機もあってセロテープでベタベタ張り合わせ。
セメントももちろんありましたがそれほどのものじゃないので。
高校時代に映画作った覚えもあります。
つまんない映画でしたが女子高生のヒロインが居たんでそれだけで撮ったようなもの。
撮影に箱根のゴルフ場でロケあったなあ。
同級生のオヤジが顔だったのよね。

8ミリには青春が詰まっています。
動画はやっぱり楽しいのよね。

私の新婚旅行も8ミリでした。
それにアムトラックに乗って楽しい鉄道旅行が写っていますが映写機が壊れ(プーリーベルトが切れてる)もう見れません。
写真機はなんとリコーオートハーフだった。
多分コンパクトで万能だったし72枚取りでフィルムも3本あれば十分だった。
その代わりに8ミリフィルムは10本以上だったからねえ。
そして、それが最後の8ミリ撮影になったね。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly