kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2011.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2011.05

堤防で救われた村

あの津波にもかかわらず堤防で救われた村があると報じられた。
なんと15.5Mの堤防と水門を2カ所。
1970年に当時の村長さんだった和村村長の英知が村を救った。
防潮堤は7000万円、水門は35億円の巨額を県に懇願したそうだ。
当然、漁港は崩壊したようだが1000世帯の人命は守られた。
過去、2度の津波災害で数千人の失われた命を無駄にはしなかった。
これで学ばなければいけないのは半端で無役なものに金をかけずあり得ないと思われる規模の災害を想定する知恵と決断。
今後ももう来ないだろうなんてケチって無駄金を使わないようにしてほしい。
ちなみに隣の村は8Mの防潮堤で40名を失った。

さかんに箱ものを建て金を湯水の様に消費したツケは大きい。

復興する為には民間人、軍人登用でしょ

能無し政治家や平時ボケ官僚がいくら集まってもだめ。
平時ならなんとか官僚が体裁作ってくれるだろう。
しかし非常時の今はそうはいかない。

これは危機管理の専門家や行動部隊になる自衛隊の力が必要。
そんな人材が内閣の半分必要。
後半分は全党体勢で組閣しかない。
国民が本気になるには命をかける人たちが表に出ないとダメ。
これを軍国主義だとか革命主義だとか考えるのはアホ。
すべてを国民は見張り判断するような仕組みを造る。
少なくても立法権限は国民にあるのに政治家にあるようにしている。
国民も忘れている。
国民は唯一の手段、選挙を本気で考えることが当然。

金もないのに増税しないというウソ

武士は喰わねど高楊枝ねえ。
政府の体裁主義は破滅的だな。
とにかく金がなければ救済出来ない。
ばか菅は自分のことじゃないからどうでもいいのよね。
寄付が1千億近く集まっているのに配分も決められない。
政府系に寄付したってダメ。
今困っているのに助けないのは人でなし。
一応、日本は国家として誇りを持っていましたがダメだね。
国民を守れない政府じゃ。
なんでデモとかないのかねえ。
元気ない若者だらけでちびちび寄付して満足なのね。
そんな状況じゃないのが若者は判らないし立ち上がる人材もなし。
涙を流すのは簡単。
そんな状況じゃない。
政府を動かすようなパワーが国を救う手段ということに気付いて欲しいね。
スポーツで元気もいいけど、それで被害者を根本的に救えないでしょ。
そんなこと判らないのかねえ。

同じアスリートでも石川遼プロは立派だねえ。
19歳ね。
獲得賞金すべてを寄付、しかもバディーを取る度に寄付。
つまりこういうことです。
自分が出来るすべてを出す若者がいる。
応援しますよ。

国民が出来るのは消費税で少しでも災害振興資金を供出することです。
これで経済がだめになるならそれまで。
日本は終わりです。
救済するために消費を増やそうとういう発想、思いが自然だと思うけどね。
消費税は全て災害地域に直接払い込みたい。
バカ菅なんかが考えたってしょうがない。
被害者が考える。
そうあって欲しいね。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly