kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2012.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2012.04

Huawei Mobile Wifiと0円SIM

夕方、受け取りましたよ。

パッケージをバリバリと開けて取り出し、暫し充電中。
眺めは美しいかな。
パワーボタンの位置がちょうど持つ位置なのでこれマズいなあ。
電池が非常に薄い!ということは持ちが悪いだろうね。
電池の下に標準SIMソケット。
上にWPS、反対側にMicroSD。
SDカードさしてどうするのかねえ。
ああ、WIFIストレージとか。
このモデルは一世代前のものの改良モデルなんで完成度は高いでしょう。
e-MobileはこのHuaweiのOEMを使っています。
なんでかって、形とディスプレー表示が同じだからですけど。
この充電時間が悩ましいのよね。

電源を入れるとMobileWiFiとでます。

つぎにこの表示。
Helloって言って欲しかった。

おお、捜してるよ。
もちろん0円SIMは挿してありますがソケットの抑えがフィックスしているので「標準カード」を滑り込ませる感じ。
SIMMオーダーでマイクロじゃないので注意!

ついに日本最大のキャリアを掴みました。
モトローラのM1000以来久々に観るクソロゴ。

これでヤッホーだと思いましたね。
さっそく、iPhoneで無線LAN接続してブラウザ起動。

なんだこれ、繋がらねえぞ。
メールアプリ起動でメール捜索中にiPhoneが落ちました。

ここからが真骨頂です。
→つづく

続きを読む »

シェア調査ほどいい加減なものはない



スマートフォンの端末シェアで左が既存、右が新規。
シェアってなんだろうかと言うことですが一般的に売れれば投資額が増えてより良く成るはずですがそんなことはない。
つまり未来を考えるとiOSの相手はAndroidなんかじゃないでしょう。
だいたい、OSも開発出来ないメーカーが共通のOSで競うってのは問題外。
数字でわかるのはネットワークと個人の未来図かなあ。

SONYはパームでしたがシャープはWindowsで頑張っていた。
所詮、独自じゃないから話題になる程度。
私はIBMを使っていました。
いずれも電話機能がない為に中途半端なディバイスで終わり。
スマートフォンはシンビアンで始まりiOSです。
iOSは過去を見据えたOSだった。
AndroidってのはGoogle包囲網のひとつですが過去を見据えていない。
単純にiOSのすっとこどっこいなOSです。
見た目だけiOSっぽいのよね。
MacOSのユーザインターフェースをWindowsがパクったのと同じ。
つまり、見た目はどうでもコンセプトなんですよ。
話がズレたなあ。

このシェアってのはメーカー比較じゃなくOS比較です。
メーカーとしては一社対アジアの烏合の衆の構図でしょ。
Androidは開発計画(Googleが製品を売る)が頓挫してタダで投げたもの。
それにハイエナが食い漁る。
なんだかハイエナとライオンの比較だよね。
どっちも地球上に存在している訳で強弱は関係ないね。
もはや、次の1手でしょう。
iOSはスマートフォンOSとはAppleは考えていない。
この差は埋められないね。

今更ですがiMovie

昨日、水泳教室で参加者の泳形をチェックした素材をiMovieで編集してみました。
iPhoneで撮影、その場でチェックが通常ですが大きい画面で見たいという要望にお応えしてiPadで撮影。



iOS用のiMovieはとっくにインストール済みだったんですがiPad(3)を購入したので使いました。
mac用のiMovieは良く出来ていますし使いますがとにかく重い。
iPadで出来るのかいなって先入観で全く触れずでした。
オープニングであまりの美しさに驚かされます。
新規プロジェクトをクリックするだけでほぼ同じ作業画面。
しかし、メニューバーもありませんのでこれで出来るの?って印象。
ところがちゃんと要所は抑えています。
素材を決めて編集。
不要部分のカット割もサッと人差し指で切るだけ。
初めはのろのろ指を動かしていたんですがサッと動かす、つまり切る感じですね。
おお、ニクいねえ。
プロジェクト設定で既存のテーマ曲、ループ、フェードイン、フェードアウトなどを決めちゃいます。
このシンプルな割り切りが決めてね。
画面転換、いわゆるトランジッションってやつはクロスディゾルブとテーマってやつ。
テーマってのはモザイク変換ですがオシャレ。
挿入ですが時間の設定など無いようです。


プロジェクト設定でテーマ曲を選ばないで音符アイコンでバックミュージックを指定するとテーマってのがあります。
ニュースを選んでみたらこんなショットに早変わり。
まあ、あか抜けてること。
ムービー、写真、音楽と10分で完成です。
これをMacでやると1時間掛るなあなどなど感想です。
とにかく、手際良い使いかってで使用者の選択を惑わせない割り切りね。
これですよ。
何でも出来るってのは何にも出来ないに等しいと言うことが判る。
AVの編集を楽しむことが簡単に出来るし、テレビの編集が如何にセンスが無いかを思い知る訳です。
ソースが10倍に生きる方式を心得ているニクいアプリでした。

多少の問題は撮影したモノ以外の編集は出来ませんね。
つまり、ムービー形式がiPadのモノであることとカメラロールにある動画、写真アプリ内の写真のみを扱えます。
ちょっとがっかりしますが、逆にシンプルで扱い易いということです。
iPhoneで撮ったものはiPhoneのiMovieで編集になります。
当然ですがiPhoneの方が素材のクォリティーが高い。

iPadのカメラが100倍凄くなるアプリ。
iPad(3)を構えるってちょっと滑稽ですけどね。

日本通信の0円SIM

日本通信はSIMフリーのiPhoneで有名。
Docomo回線をリセールする企業かな。
キャリアじゃなくて一種の特約販社ですかねえ。
データ通信SIMなど色々な条件で各種品揃え。
その中でもヨドバシ専売の0円SIMがあります。
従量定額ってことで、使わないと0円で100MB以上1GBまで3800円程度。
これを入手しました。

開通手続きは問題ないです。
あとはSIMを入れるSIMフリーのWifiルータを待つばかり。

Video Zoom 2



Video Zoom 2

iPhoneのカメラアプリは非常に優秀ですが、動画のズーム、焦点などが変更出来ません。
水泳のフォーム撮影で必要性を感じていました。
アプリを捜した結果、このアプリが優秀。
ただし、フリーズすることがあります。
これが困る。
2度と無いシャッターチャンスですからね。

使用感ですが撮影後にレンダリングをして保存します。
以前のバージョンはこれも出来なかったようで撮影にかなりのシステムメモリを使う点とレンダリング時間の問題はありますね。
iPhone4sでCPUの高速化とシステムメモリの増加でまともに使える様になったってことかなあ。
ズームも+−をクリックするだけです。フォーカスもポイントをクリックするかセンターオートです。
全体的には痛いところ痒いところに届いていますのでフリーズは勘弁。
85円ですから諦めはつきますが60点ギリギリセーフかな。

iPod touch 4th Generation

今回の人柱シリーズの最後ですね。
iPodで電話しよう計画。
iPod touchを購入しました。
もうすぐ新しい製品がでそうですが8GBホワイト16800円にしました。
なんといっても安い。
あとは050plusなどのIP電話の契約だけです。
試算だと
iPod 16800円
Wifiルータ 7800円
通信SIMM 3150円
これらがハード機器類で合計27750円。
後は電話使用料です。
データ通信は従量制で0-3780円(100MB〜1GB)
050plusの場合は315円/月で固定電話へは3分8.4円、携帯1分16.8円
Google Voiceだと固定1分2セント(2円)、携帯1分11セント(10円)です。
つまり、通信料プラス電話代ってことです。
Wimaxの通信料は3580円/月固定。
使用頻度によってはWimaxを1年で解約。
煩雑ですが費用は半額程度だと思います。
デバイスとルーターの使い回しで5000円/月以下が理想。
現状で1万弱の費用ですからね。
固定費は3895円なので楽勝かな。
050plusは電話受け専用。
掛ける時はGoogleVoice。
Wimaxの受信不能地帯は日本通信。
以上、人柱計画。
これで完璧のはずです。

人柱

モバイルルーターはWimaxを使っていますと言うか使い始めた段階。
現実的には屋内(ビル内)ではかなり難しい電波状況です。
それでも入院中は24時間お世話になり回線の回復方法などなど勉強させて頂きました。
これから主流になるデータ通信ですが問題もあるようです。

使用方法はヘビーユースでiPhoneのデータ通信を全て移行。
同時にiPad,Macbook Airとの共用などなどで映画ダウンロードを主体にテストしました。
GoogleVoiceでの電話使用、ビデオチャットなどまずまずですが問題は回線の継続的接続につきます。
接続が切れた状況は電波が途切れる、長時間使用の為か回線トラフィックなのかは判らず、電源を切って再度接続などが必要です。
これで回線を確保出来る場合と出来ない場合がありますね。
映画などを観ている時は興ざめです。
おおむねビデオチャット、Google Voiceは実用的でした。

ビル内での回線確保ですがこれはWimaxの問題で解決は難しいと判断しています。
Softbank回線などは繋がる状況ですから単純に電波が弱いってことでしょう。
これにはメジャーな回線を確保する必要があると思い、日本通信をターゲットしました。
主にDocomo回線利用なので日本一の回線確保が出来るはずです。
Wifiルーターは

[並行輸入品] [シルバー] Huawei E560( E585二代目) OLED2 Wireless Router Pocket WiFi ルータ ●SIM フリー●Working time up to 5 hours;11n wifi

ちょっと昔のモデルで7800円。
これなどどうかなあと購入、数日で手元に来るはずです。
あとはSIMの手配です。
SIMMは当然「0円SIM」です。
使う機会はWimaxが入らない地帯での利用ですから従量制で使わなければ無料が一番です。
3150円のSIM料金を払えばあとは毎月使っただけの課金です。
速度は最低ですがメール受けや電話なら十分だと思います。
下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbpsですね。
当然、トラフィック制限があります。
月上限が一応1GB、利用状況で回線制限などなど一般的です。
しかし、0円ってのはセカンドユースとしてはアドバンテージですね。

このモデルは2時間程度のバッテリーだそうです。
補助バッテリーが必要かもしれませんがセカンドなんで十分。
手っ取り早く1万でOK。
SIMMの販売はyodobashi.com専売ですね。
実験と言うより「人柱」です。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly