kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2012.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2013.02

マンゴジェリー


かみさんのおみやげ朝鮮飴ですが、大量の片栗粉の中に入っていまして、残った片栗粉を棄てるのも忍びない。
片栗粉といえば水で硬化するでんぷん。
ジェリーなら簡単ってことでスイーツを作りました。


この量はんぱじゃない片栗粉。
ジェリーなら大量生産出来るはず。
冷凍庫にあったマンゴを解凍。
シナモンシュガーをお湯で溶かす。
結構な量が無いと甘くないので砂糖を足した方がお子様向けかも。
このまま加熱しながら水融き片栗粉を混ぜればシナモンジェリー。
固まり始めたら直ぐ火を止めてマンゴを入れて冷ます。

常温になったら冷蔵庫でさらに固める。
まあ、今なら1時間も掛らないです。
堅さの好みで片栗粉を調整すればいいだけ。
わたしは結構固めでプリプリ状態。
なんとも安上がりなスィーツですが和洋折衷で珍しい味わいね。

昔、母親が作っていたのはゼラチンとミカンの缶詰。
これが夏は美味しかったなあ。

柔道界

女子柔道の最高レベル選手達が監督から暴行、暴言など受けJOCに直訴した事件が起こりましたねえ。
世界的レベルの選手とはどんなものか。
当然、心技体といいますか乱れの無い精神が一番に要求されるんでしょう。
その心を挫くような振る舞いが指導者からなされた事は驚きですかねえ。

近年のスポーツはほぼ金銭的欲求、つまり心を満たすものはそれしか無い時代になりました。
柔道と言えども育成には多額の費用、選手達の人生など考えても天文学的金銭が必要ですよね。
それを得る為に強くということですが、柔道界はどうもそれだけじゃないようです。
金メダルは名誉、柔道界のステータスってところです。
世界柔道といえ、発祥の日本は背負うものが色々あるんですね。
国民はメダルを取ればやっぱり日本柔道は世界一なんてね。
しかし、現実はかなり厳しい。

指導者は選手より過酷なノルマがあるんでしょうかね。
そこに潜む禁断の指導ってのかなあ。
暴力と受け取られる行為は元来違うんですけど、選手も指導者も領域が判らない。
育った年代が違えば文化が変わっちゃうんですね。
よく、ハングリースピリットっていいますが日本には死語です。
そんな人ひとりも居ない時代ですから。

ひっそりと6.1.0にアップデートしたiOS

ほんと静かなアップデート。
もっともマイナーアップですからそんなもんですけどね。
Jailbreakerにとってはちょっと大きいお知らせのようです。
関係ハッカーの皆さんがこぞって6.1にならなきゃ教えないよって言い続けてたんですよ。
理由はセキュリティホールを塞がれちゃ困るらしいです。
CPUのROMに依存したホールは絶対に塞ぐ事は出来ないようですがOSレベルの穴は判れば塞ぐってことでしょ。
しかし、良く見つかるよね。
素人にはAppleだってかなりテストもしているでしょうけど広大な砂漠でダイアモンド見つける位難しそうだけどね。
ハッカーの凄さなのかなあ。

いずれ近いうちに6.1はJailBreakユーティリティが発表になる。
どんな方法かは判りませんが毎回驚かされるのが脱獄手法。
有名なredsn0wは脱獄だけじゃないですよ。
不要な方には全く判らないことまで可能にしちゃう。
あと、過去のiPhoneを長く使う方法なんでありがたいね。

個人的に関心事はiPad miniはどうなるの?ってことです。
正直にJailBreakしたほうが遥かに使い勝手がよくなる。
これは絶対確かです。
あらゆる危険性はそのままでも同じですよ。
一例ですが、どうも動きが遅くなったとか変だなあと感じるときってありますよね。
ほとんどの場合はアプリの開き過ぎですよ。
バックグラウンドアプリだってちゃんとメモリを使っていますから。
使えるメモリが限られてくればなにが起こるか判らない。
そんな時は電源を切って再起動すれば治りますけどね。
メモリをクリアにする為のユーティリティがあればもっと便利。
メモリ状況を常に表示させることも出来る。
それを実現するのはJailBreakです。
WifiをONOFFするとかのスイッチの類いをいつでも切り替えられる便利さも同様。
いわばiPhoneを気持ちよく使えるように出来る。
その為には最新のOSでなくてもいいし、最新のOSレベルの操作はほとんど出来るわけ。
問題はiPad miniのように過去のOSは利用出来ない機種に多くあります。
私にはiPad miniでも便利に使いたいだけ。
米国の法律でパッドの脱獄は違法ということになりました。
もしかしたら、出来ないかも知れないですねえ。
だからちょっと心配な訳です。(^▽^;)

ミニもどき


あんまり趣味じゃないけど、結構走っているクルマ。
リアはBMW mini と同じに見える。
miniより広そうだからこれの方がいいかもね。
フロントが全然ちがうんだけど。
ADバンって日本を代表する中小企業向けユーティリティなのかなあ。
もっともヒマに信号待ちしないと全然気にならないクルマ。

日本車ってのはどこかで観た事あるクルマ作りが上手いねえ。
これで安心して買えるのよね。
隣と同じだと安心ということだけど、つまり興味無く好き嫌いなく使うのよ。
それって幸せな事かも知れないよ。
便利な道具だったらですけどね。

個人的にはクルマ不要。
つまり無くてもいいものだと理由が必要。
考えてみるとクルマ本来の移動手段だったらいくらでもある。
荷物だって今どきは宅配してもらえば良い。
でもこんなこと考えちゃいけないのよね。
単純に運転してみたいだけだね。
なので運転したくないと思ったら終わりだな。

SoftBankのプリペイドでiPhoneはどうよ

ふと、プリペイド携帯のSIMでiPhone使えたらいいなあと。
SoftBankのページにメールし放題とか。
電話掛けなければ有効期限は初期費用だけってことです。
番号も使えるんでショートメールも大丈夫。

そんな便利なもんで1万以下です。
そのはずですが下記の実行した方の記事ではなかなか難しい。

実行した方のブログ

最後にSIMフリーのiPhoneが一番と書かれています。
やっぱりね。

Sony Video Walkman


1988年製ですから、25年前の最新鋭機。笑
当時、ベータマックスからより小型カセットの8mmビデオカセットになり相当録画。
ほとんどラグビーの試合ですけど、カメラ撮りもありました。
ちょっとラグビーの試合を観ようと取り出したら電源が入らない。
修理も考えますが、補修部品10年程度のお品なんで断られるのがオチだよね。

はじめは30分程度でしたが120分テープが出て本格的利用になりました。
それでも世間はVHS全盛期でしたけどありゃデカすぎ。
50本もあれば押し入れ一杯でしょ。
これだと引出しひとつで50本くらいは収納ですから画期的でした。

レコードもそうですがプレーヤーが使えるかどうかなのよね。
買ってもいいけどそうそう使わないでしょうからダウンロードした方がいい。
現に当時所有出来なかった様な珍品も今なら問題ないしYoutubeって手もある。
ところがビデオとなるとなかなかないですよ。
とくにマイナースポーツなんかあるはずが無い。
もっと早くデジタル化しておけばとも思いますがHDDなんか容量も大した事無い時代。
少しはCDとかDVDなんかに移しましたがこれも寿命があるし規格もある。
たしかに電子データの時代になり便利です。
アナログからデジタル変換をちゃんとやっていればの話ね。
安くなってさて変換と思ったらメディアを再生出来ないなんて悲しいよね。

最近のお気に入りアプリ

WowFX

この手はかなり使いましたがリアルな光線系が売り。
FXモードってセンスが出ますからiPhoneの画面だとちょっとシンドイ時もね。
 


リッチ&ゴージャスなデコレート。
小さなフィギュアで遊んでも面白い。
他にもエフェクト系があるんですが、プラス有料。
無料で入手したんですが250円程の価値は十分。
多分、オプション購入するだろうなあ。

FrameArtist

数あるフレーム系では飛び抜けて優秀。



 
170円と有料ですが無料の糞アプリとは雲泥の差。
アメコミ風になりますがWowFXとの合作でこんな感じになります。


単純にカメラアプリで撮影したままを利用。
こちらどちらかと言うとカレンダー作りなんかに利用されるみたいです。
フレーム加工ってFacebookでしか利用しないもんですがインパクトが弱い。
ということで文字、アイコンなど適当に入れてインパクトがでるのは秀逸。
こちらもFONTがほぼアルファベットなんで和文字はせいぜい太いか細い程度なのが残念。

アプリは無料でテストして気に入ったら金払うってのが一番良心的。
しかし、フォト系アプリは面白い。

他にもマツダが出している無料アプリ。

CARPTURE
元来、マツダのクルマ用なんですが結構応用が効いてこの通り。
流し撮りのようにクルマにフォーカスで風景にブレを出す効果もありです。

ほかにもいくらでも応用出来ます。
動きのある被写体、動きを出したい被写体があれば楽しめます。

昔から模型撮影のような効果を出すアプリも一杯ありますが、

AfterFocus

これもそのひとつ。

85円の価値があるかどうかは判りません。
これだけなら無料のもこの程度は出来た気がします。
このアプリの違うところは撮影から違う。
あとは輪郭を入れたり、バックをモノクロにしたりなどなどのエフェクトがかかる。
この辺は被写体が湧かないので効果は不明。

エフェクトは
合成系、加工系などを適当にブレンドすれば結構満足出来る「作品」になりそう。
ぜったい、アナログ写真じゃ無理でしょうね。
確かにある意味の古典的芸術性や伝統的様式美、職人的技工美は難しいですがそれ今必要じゃないなあ。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly