kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2013.06 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2013.08

ビート洗車

車検に出したら所々にオイルが付いちゃってました。
そこで洗車しました。

3300長、1400幅でコンバーティブルですから洗うところはわずか。
バケツ一杯の水をスポンジでかけるだけ。
美しい。
これで元通り。
夏は普通これを拭き取って終わり。
今回はビニール幌のワックス、多分撥水液でしょうけどね。
汚れは専用シャンプーありますがそれほど汚れていないのでカット。
数カ所にオイル付着。
プラ部分のヤレも酷いんですけ経年変化というもの。
見方に寄ってはそれが有った方が車齢が出て良い。

ワックスは伸ばすだけで拭き取り不要。
少々ムラがあっても大丈夫、数時間で馴染む。
これで多少長持ちするだろうし、見た目も良く成る。
一石二鳥。
ボディーに比べると地味な部分です。
屋根付きガレージみたいなものだし風通しも良好です。
雨天走行後にポイントを押えて水気を拭き取るようにしています。
基本的に雨の日のお出かけは必ずですからね。
ボディーはWAKO'Sのバリアスコート。
これがいい。
汚れ落とし、つや出し!
文句無しにいい。
傷は落ちません!
これで昔のワックスを塗ったらクリスタル効果凄そうですが研磨剤が入っているのでパス。
プラ部分もOKなんですけど、専用を使います。
プラクサス。
これは樹脂を侵さずクリーンアップ保護剤です。
米国人はクルマを磨かないなんてウソです。
米国のクルマ用品は素晴らしい。
これで3ヶ月は水拭きだけで大丈夫。
ウィンドーは普通のガラスクリーナー。
グラスターでもいいけどそれほど汚れていないので。
そういえばカーグラスターはボディーもピカピカになる。
これだけで1時間。

あとはウェザーストリップのオイル塗布。

被ばく回避を考える

とある品川区の小学校での話。
すまいるスクール(改学童保育)に来ていた見かけない児童に「泳ぎに来てないでしょ」って聴いたら母親が外で泳いではいけないと言われているとのこと。
ピーンと来た。
それ以上言うな!
ご両親は彼の放射線による健康被害を受けない様にしているなあ。
凄いぞ。
ほんとうに身近に被ばく被害を本気で考えている親がいる。
子供のそれを理解している雰囲気だ。

先生にその話をしたら
「はい、何とか君です。体育、遠足も行きません。運動会の練習も見学して本番だけ出ました。」
ほーっ。
これは東京か?
東京の被ばく量なんて誰も知らない。
だけど、絶対にかなりの量に違いない。
風向きによって、大変な被ばくがあるはずだ。
ご家族は大変な選択をしている。

ちょっと、考えてみると
なぜ他の児童の家族はそのことを考えていないのだろうか。
もちろん、全く考えていない訳ではないのだろう。
しかし、行動をしない。
もし、全学の生徒が校庭での活動を禁止したら教育委員会はどうするのか。
土壌の放射線量測定や空気中の放射線量を測定してくれるだろうか。
親によっては「ちょっとおおげさじゃないの」なんて思っているかも知れない。
我々子供の時代にも放射線被ばくについては神経質だった。
親に「雨に当たるな。禿げる。」と言われた。
ビキニ環礁での原爆実験だったと思う。
当時は広島、長崎の記憶も新しく、実験で漁船の乗組員が被ばくして亡くなった。
あんな遠くから放射線が日本に飛来していたのだ。
たかだか、200-300キロの福島から飛来しないはずはない。
しかも、福島原発の事故現場は当時と全く変わらない状況で放射線を放出している。
これ以上、出ない様に冷やす冷却水も溜まる一方で敷地内は限界に近い。
冷却水は垂れ流しているのが現状なのだ。
海洋汚染も全然発表しないが事故当時と同じかそれ以上だろう。
原子炉の燃料棒を取り出すことなんて全くメドも立っていない。
原子炉のある建物に入ることすら出来ない。
やれるのはひたすら冷却水で冷やして爆発を押えるだけ。
その冷却水ポンプが頻繁に故障。
汚染水は何百トン単位で増え続けている。
チェルノブイリは原子炉ひとつの事故だが、福島は3基が事故。
チェルノブイリの3倍以上と考えていい。
ロシアの国土は広いから近くに新しい町を作り被害者を収容できる。
日本はどうだ。
被ばく地域に戻る計画なんてありえない。
時間稼ぎをしても永遠に元には戻らないことを説明すべきだ。
除染だ何だと言ってもじゃ汚染された土は何処へ運ぶんだ。
処理場さえないのだからただ拡散するしかない。
もっと、真面目に被ばくを受け止めるのが政治なのにそれをしない。
これから日本は莫大な処理費を税金で賄う時代になる。
しかも、被ばくしながらなのだ。

歯肉炎

3日ほど歯肉炎で激痛。
顔が腫れ上がって見かけも酷い。

一番奥歯が虫歯になって治療した跡、歯根と歯肉の間にすき間が空いていてそこに食べ物が詰まるのよね。
出来るだけ取っていますが歯肉が盛り上がるまで逆側で食べないとダメだなあ。
痛みはロキソニンで押えています。
薬効6時間程度なんでちょっと定量を上回るけど痛いのは辛い。
リステリンでウガイしてビタミンB2を取っています。
まあ、峠は越した感じですけど、歯科医に見せても治らないしね。
こんど口腔外科に行ってみるかなあ。
電気メスでチャッチャかも知れないけど傷がヤバいかなあ。
リステリンだな。

プール指導

夏休み小学校プールの指導を行なっています。
毎日、校長も入水。
熱心でああしろ、こうしろと注意していますねえ。
学校の先生は子供達に考えさせようとしないのよね。
でも今日、水温、気温の環境が整わない状況でした。
数人が寒くて上がっていました。
すかさず、中止。
これは評価出来ますねえ。
確かに事故が恐いのかなあとも思える状況でした。
児童は練習をしたがっていました。
この判断はとても難しい状況でした。
しかし、入水している校長はすかさず中止。
私もちょっと早いかなあと思いましたが、もし続けていたらどうだったでしょうか。
後で風邪をひくような児童が出たかもしれません。
児童のやる気と健康を天秤にかけて健康を選んだのは立派。
プールはなくなりません。
明日もあるし児童にはたくさんのチャンスがある。
それを考えると的確な判断に敬意を感じました。

KGUラグビーは何処へ

本日、暑気払いに誘い出しました。
というより彼らが話をしたいということもありました。
内容はパワーハラスメントのニュアンス。
集まったのはキャプテン以下6名の3.4年生。
そこでの話はあまりにも一方的な話で具体的な内容に乏しいですが、3.4年生とラグビーをやりたくないとのこと。
それは彼らに責任があるのかもしれない。
ということでこちらも真面目にヒアリング。
ほとんど脈略のない説明しか受けていないようで彼らの戸惑いは大きい。
学生スポーツのあり方など考えるとちょっと理解しがたい。
個人的にはチームは強い事にこしたことはないけど、学年で波があるのは仕方がないことだと思う。
要は最大限の努力をしているかどうかが大きな判断基準。
その辺は本人達の話だけじゃあ不十分でなんとも言えません。

アドバイスは現状を打破する行動、つまり練習をやる気があれば出来るのではという話。
チャンスが無い訳じゃないかもしれない。
どこで無気力だと判断されたのかは判らないが学年ごとの問題となると生活態度とか指導力とか色々あるんだろう。
こればかりは直接見ている訳じゃないので軽々しくは判断出来ない。
しかし、指導者はそれを理解させてあげないと彼らの挫折は学生時代をスポイルする形で残ってしまうかも知れない。
人生を左右する問題はたくさんあるがそれを乗り越えられるかだ。
ちからいっぱい努力したと言うなら結果を受入れられると思う。
少しでも彼らの力になれればと思う。

立会川の濁流

ゲリラ豪雨で立会川が氾濫寸前。
一瞬の豪雨でこれだもんねえ。
行政の河川管理はズサンですよ。
国道15号線も冠水寸前だしこんな頼りないことじゃあ、原発の安全なんて知れています。
安全ないない。
安心ないない。


参議院比例区の不思議

投票した三宅洋平候補は174,643票獲得。
残念ですが落選。
これは川田竜平候補117,389票より遥かに多い得票。
なんと21名が三宅洋平さんより得票が少ないのに当選。
参議院は政党政治に馴染まない。
物言いや博識を活かし、立法に誤りがないか精査する院。
政党が一方的に立法出来るシステムは2院政には馴染めないし誤り。

同様に、応援し投票した山田太郎さんは65万票以上で当選。
これは当然でマスコミで泡沫候補のような扱いに一矢をエグった。
マスコミが如何に報道をねじ曲げているか立証。
国民は報道機関の情報を信じているが1部では隠蔽、ウソがある。
これからネットなどの情報を加え国民は正しい情報を選択する必要で、逆にネットのうねり情報が如何にタイムリーで正確になるだろう。

日本はこれからブラック政党に支配される。
自由民主党と公明党により増税、原発再開、TPP締結、果ては改憲。
これらはすべて日本が軍事戦略国家へ向かう条件だ。
米国はこれで逆に日本が驚異になるのかも知れない。
中韓などの隣国も同様だろう。
若者にはますます夢の無い国家になる。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly