kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2017.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.07

iPhone 5sのカメラ性能

A7チップは64ビットとiPhone 5の2倍を保証している。
実は2倍なんてもんじゃあないはずだ。
M7チップはモーションチップだがこれが機能するのはA7の性能だから。
つまり、この組み合わせはそこいらのデジカメなんて問題じゃない。
アプリでカメラ性能を100倍引き出すことがAppleの考え方。
基本アプリの性能で言えば、LEDフラッシュが色温度を自動調整してより自然な発色をするはず、しかもデュアルLEDなのだ。
次は手ぶれ補正だが4ショットをほぼ同時に撮影して合成することでピントピッタリにする処理速度。
ハードの設計思想は1.5μピクセルと大きな撮像素子と15%広がった画像面。
大きなピクセルは光の取り込みで有利だろう。
これに輪をかけてF2.2の明るいレンズ構成で稼ぐ光量はiPhone 5など過去の機種はとても及ばない世界。
これらは小さい変化のようだがあの小さな世界で実現したのは大きい結果を出している。
シャッタースピードが早くなり手ぶれ補正も進歩してピンぼけは考えられない程に抑えられるだろう。
色再現も全く違った世界になるはずだ。
画像処理でいえば4倍にもなったムービー取込みで120fpsが可能になった。
秒速10連写も凄いしパノラマの露出調整もより自然になるはずだ。
ムービー撮影でズームも実現した。
ムービーアプリでズームは有ったが画質を落として実現しているので純正アプリではズームしなかった。
これらを考えあわせると明らかにカメラフォンとも言える。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« 懐かしのCycorder  | HOME |  iPhone 5s A1530の仮注文 »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly