kazoo

http://kazoo3.blogspot.jp/ へ移転しました。

2018.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.10

これいいな

1/3サイズのMac Plus。
カラクラもどきですがちゃんと動く。
こういうの作っちゃうのよね。
楽しい。

iPadのRetinaディスプレー

iPad3を所有して1年以上ですがほとんど使わない。
せいぜい水泳指導で参加者にフォームをチェックしてもらう程度。
その為にLifeProofケースまで購入。
そしてケースに入れっぱなし。

最近、テレビドラマに凝っているんです。
ネットで視聴ですけどね。
実は入浴時、煙草喫いながら本というのが定番。
読む本はほとんどマガジンですけど。
そこで風呂でドラマをシャレてみました。
いい。これが実にいい。ハマる。
この要因はiPadのRetinaディスプレーじゃないですかねえ。
iMac27インチでみるとかなりボケているのにRetinaはくっきり。
しかも目の前なんで迫力もある。
10インチ弱で2,048 × 1,536ピクセル解像度は凄い。
地デジのワンセグなんてゴミと訳が違う。
ちょっと感動的。

iPad mini 防水ケース


よくあるポリカーボネートとシリコンシートの防水ケース。
シンプルで4カ所クリップしてシリコンシートがOリングの役目も果たします。
値段は色々ですがほとんど同じ製品で中にはスタンドが付いたものもありますが私の用途には不要。
ipegaで1980円でした。


まずは洗面所で水没テスト。
シリコンシートは結構厚いと思いますが、思い切り水をかけます。
ピンホールが無いかどうか程度の気持ち。


完全に水没させて30分以上放ったらかし。
一応漏れはないようです。


黒い上蓋側がガラス面になるシリコンシートとOリング。
ヒンジはステンレス棒で透明カーボネートが底側です。
丸いところがレンズ部分で両サイドにあります。
特に大きな歪みは出ませんでした。


クリップです。
結構ピッタリです。長辺2カ所、短辺各1カ所です。
この辺りは水没時に水が貯まるので開封する時にちょっと注意。

使用はプールでの撮影です。
シリコンシートが張り付いているので水上から水中に出入する時に誤作動します。
これはiPadよりはいいのですがシリコンシートの限界ですね。
シリコンシートは半透明ですからディスプレーの解像度が損なわれます。
粘りがあるために指の滑りが悪いです。
もちろん水中撮影は水深1M程度で30分位は大丈夫でした。
電源スイッチ(スリープボタン)ボリューム、マナーボタンは不可です。
値段を考えると必要十分です。
難を言えば躯体が大きくなる。
重くなる点でしょう。
落下した場合は買い替えた方が無難でしょう。
水中に沈みますので深いところだったら付属のベルト着用です。
怪しげなビニール袋より絶対に信頼出来ますが水中に入れない様に注意書きがあります。
それなりということでしょう。
30分程度が無難だと思います。

サカナの病院

我が家にはサカナを治療する水槽があります。

色々とサカナ用の市販薬を試しましたがどれもサカナを助けることは出来ませんでした。
弱肉強食が自然の原理ですがなんともやるせない。
ということで現在は「治療水槽」で塩水治療をしています。
塩分濃度は5-8%程度だと思います。
というのは数日に1回半分程度換水しますのでその度に塩分濃度がバラバラ。
淡水のままだったりもします。
水槽には底敷きなしです。
無味乾燥なんで流木を一本、隠れ家的に。
現在、3尾が治療中です。
2尾は腹が膨らむ病気。
1尾がヒレに白い斑点が出来たカージナルテトラ。
腹膨病はかなりの治療効果だと思います。
約半月程度経ちまして徐々にもとの姿に戻りつつあります。
放ったらかしにして他のサカナに感染しても困るんで隔離。
「隔離水槽」ともいえるなあ。
状態は3尾とも大変活発に動いては居ますねえ。
餌の食いつきもいいし、このまま回復するかもしれません。

BytaFont

今更ですが再度使い始めました。
特に理由はないけど、デフォルトにちょっと飽きた程度。

丸ゴシね。
この辺が使い易いしこのフォント良く出来ている。

これも個性的というかヘタ字系。

ここまで来ると好みの問題かなあ。

色々ネットに使い方書いてあるけど、簡単なのはMOREで日本語を指定する。
但し、アプリには日本語がバンドルされていないかも知れないのでフォントセットもダウンロードしましょう。
基本的にはアルファベットなどを変えるアプリのようです。
それだけでもかなり変態文字がありますからそちらは好き好き。

極端な文字は飽きるのも早いです。
ちなみに脱獄アプリですからその辺はご理解のほど。

Worlddictionary


iOSアプリです。

簡単に紙書類を写真にして文字をスキャンし翻訳しちゃいます。

左下のテキストアイコンを選びカメラか写真どちらかを選択し、それを元にスキャンする文章を選びます。

追加ボタンを押すとスキャンします。
OCR機能が協力ですが記号は読まないようです。
▲はAになります。

これが読み込んだ文字列です。
記号以外は完璧でした。
翻訳はGoogle任せですからそれなりです。

あとは適当に頭で修正だね。

OCRが強力だということ。

日本語の読み込みですが素晴らしい。
もちろん手直しは必要です。笑

AltKeyboard フリックキーボード

某ブログで紹介されていた脱獄アプリです。

私、常時フルキーボードで入力しています。
テンキーのフリックはどうも馴染めず。
フルキーボードって数字、記号キーはモードを変えることが必要。
これが煩わしい。

このキーボードの上の小さな数字、記号キーを上フリックで一発出し。
かなり便利ですよ。
もちろん日本語キーボードです。
まあ、5段キーボードを使っても良いけどキーボードウインドーが邪魔なのよね。
これで問題解決します。

« PREV  | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

kazoo

kazoo

世界一自由な楽器。
Tシャツみたいだ。

Categories

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly